雑学

住宅ローン フラット35

今まで住宅ローンとは縁のない生活をしてきましたが、
色々聞くようになりちょっと調べてみることにしまささた。

友: うちはフラット35にしたわ。 
私: あー、あれね…すいません、知らないわwww  
となります。最近良く聞くワード。

フラット35は、勤務形態や職業、
勤続年数などに制限が少なく、
より幅広い人が利用できる住宅ローン。
なるほどなぁ。気軽なんだな。
さらに詳しくは↓

フラット35では、住宅金融支援機構と
民間金融機関が提携して融資を行います。
母体となる住宅金融支援機構は、
国土交通省と財務省が所管していた住宅金融公庫の業務を引き継いだ、
独立行政法人。安心して融資が利用できますね。
質の高い住宅の取得を支援するメニューや、
地方公共団体と連携したメニューなど、
多彩なメニューをそろえて住まいづくりを支援しています。
なお、リフォーム目的のみのローン利用はできませんが、
中古住宅購入と併せてリフォームを行う際には、
リフォーム費用を含めた借入が可能です。

https://www.familyls.jp/column/フラット35とは?基礎知識から利用のポイントまで/

しかも、安心なんや。ほぅ。

メリットは金利が変わらないことと、
前倒しで返済する場合でも手数料が発生しないこと。
これはでかい。

デメリットは、変動金利型と比較すると金利が高めだそう。
よく分からない。
頭金を購入価額の1割以下しか用意できず、
9割超の金額を借り入れる場合は金利が上がるだそう。
頭金ある程度用意せな損ですな。

併せて選べるプランもある↓

フラット35S
特に省エネルギー性、耐震性など質の高い住宅を取得する場合に適用できる住宅ローン。フラット35よりも一定期間金利が0.25%低くなる商品です。

https://www.familyls.jp/column/フラット35とは?基礎知識から利用のポイントまで/#content02

↑風呂場に手すりがあるなど色々あるみたい。

フラット20
借入期間を15年以上20年以下にすることで、金利を下げられる住宅ローン。原則として、返済途中で借入期間を21年以上に延長することはできません。

フラット35(リフォーム一体型):
中古住宅の取得と、リフォームの費用をまとめて借入できる住宅ローン。工事内容や工事費に制限がないので、個人のニーズに合わせて自由にリフォームすることができます。特に、中古住宅の取得と性能向上リフォームをセットにして借入する場合は、「フラット35リノベ」という商品もあります。

フラット50:
「長期優良住宅」と国に認定された住宅の購入で利用できる住宅ローン。長期優良住宅は、バリアフリー性や省エネルギー性、耐震性などを国が認定した優良住宅のことです。返済期間を最長50年まで設定できます。

https://www.familyls.jp/column/フラット35とは?基礎知識から利用のポイントまで/#content02

ちょっと詳しくなった。
これで、話に入れるw